自動車保険で必要なもの

自動車保険の補償内容で必要なものは対物・対人・車両保険の全部なの?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

自動車保険はネット通販型自動車保険であれ、代理店型自動車保険であれ、絶対に必要なものです。

中でも現代社会にマッチしているのは、ネット通販型自動車保険なのですが、この場合は自分で色々な事を考えて申し込む必要があります。

その為にも、自動車保険の内容をある程度知っておかなければいけません。

ここからは自動車保険でのセット組み合わせについてネット通販型自動車保険を例に話していきます。

◇自動車保険対物とは?

出典:http://gahag.net/

自動車保険の中で最も頻繁に使うであろうものは「対物補償」です。

これは、運転中に自分だけで壁にぶつかったり、何かにぶつかってしまった際に使うものです。

更に、自動車同士の事故においても、双方に怪我がなければいわゆる「物損事故」と言って使用する保険は「対物補償」になります。

余程の大きな事故で無い場合、そのほとんどは「物損事故」と扱われ、相手方の自動車やぶつけた「モノ」に対して保険からお金が支払われます。

出典:http://gahag.net/

◇自動車保険の対人とは?

出典:http://gahag.net/

自動車保険で言う「対人」とは、読んで字のごとく”人身事故”に適用されます。

保険は半分以上がこの為にあると言っても過言ではありません。

自動車と人、自動車と自転車、自動車と自動二輪、そして自動車対自動車でも相手方の自動車の搭乗者や、自分の自動車の同乗者にケガや身体の異常があった場合にも使われます。

対人に関しては、治療費、慰謝料、ケガで仕事を休んだ場合の生活費、後遺症など状態によっては一生負担しなければいけない時もあるのでほとんどの人が「無制限補償」のコースを選択します。

出典:http://gahag.net/

自動車の場合、自動車対自動車以外はほぼ一方的に自動車側が悪くなる傾向があるので、酷い事故の場合は下手をするとかなりの高額になってしまうのです。

そうした事態を防ぐには対人保険「無制限」を選択しておくことが絶対条件になってきます。

自動車保険「車両」の判断が難しい!

出典:http://gahag.net/

車両保険は、正に自損事故などで補償される保険です。

大抵の場合、「フル」と「エコノミー」が存在します。

この保険コースが難しいところは、壁にぶつけたり、電柱に当たったりと言った運転の巧さに大いに関係してくるところです。

また、自然災害などで自動車が故障、全壊などで補償される幅も変わってきます。

出典:http://gahag.net/

「フル」と「エコノミー」も補償の数や種類が大きく変わります。

「エコノミー」では極めて限定的な自損事故に限り有効な保険会社が多く、全損に関しては補償されません。

「フル」であっても、全てを補ってくれる訳ではないのですが、運転に自信がない人は掛けることをお勧めします。

また、高級車に乗る場合は絶対的に「車両保険」の「フル」加入が必要です。

出典:http://gahag.net/

例えば、国産の3~400万円ほどの自動車の場合、ドア交換1枚が約10~20万円ですが、高級外車の場合、ドア1枚が50万円ほどしますので、保険を遣わずに修理する場合、負担があまりに大きくなるのです。

また、全損した場合、購入して約1年以内であれば保険で新車と交換と言うケースもありますが、車両保険に入っていなければそれはあり得ません。

但し、そうした性質の保険の為に、車両保険をプラスするかしないかで保険額は大きく変わります。

自損事故がなければバカバカしい金額になるのですが、何があるか判らないのが自動車事故と言うものですので非常に判断が難しくなるのです。

ネット通販型保険なら組み合わせを熟考出来る!

出典:http://gahag.net/

このように一口に自動車保険と言っても、組み合わせは多種多様です。

今回はおおまかに分けて紹介しましたが、最近のネット通販型保険は更に細分化してセット組が可能です。

どこの部分で安くして、どこの部分を重要視するのか、自分であれこれ組み合わせて試すことが可能です。

シミュレーションで全体額も出てきますので、一番必要で一番お得になるような調整を気兼ねせずに行えることは大きなメリットです。

出典:http://gahag.net/

代理型自動車保険の場合は、代理人がいる為、あまり時間を掛けて納得いくまで考えることが出来ませんでした。

その為、代理人が勧めてくる保険に入ることがほとんどで、前年より安い感じがすればそれでいいと言う流れになっていましたが、ネット通販型保険の登場でそうした遠慮は必要なくなりました。

事故は自分自身の責任なのですから、入る保険に関してもしっかり自分で納得いくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、自動車保険の内容で重要なものは何か?についてお話してきました。

一口に自動車保険と言っても組み合わせが様々にあることが理解頂けたと思います。

無駄に高くなることなく、キチンと「もし事故に遭っても対処出来る」だけの保険に加入する様に気をつけたいところです。

-自動車保険で必要なもの

Copyright© 自動車保険 案内所、一番安い自動車保険が見つかる! , 2018 All Rights Reserved.