Pocket
LINEで送る

自動車を運転する限り、自動車保険は必須のものです。

事故はどれだけ気を付けていても、「必ず起きる」ものと考えておくことが大切です。

とは言え、予備知識を持っていないと保険も有効に活用することが出来ません。

ここでは自動車保険の意外な落とし穴!駐車場での事故編を見ていく事にします。

事故がどこで起こったかで保険適用が変わる!

出典:http://gahag.net/

車に乗るからには保険をかけるのは当然のことですね。

皆さんも、保険をかけて車に乗っていると思います。

保険には「自賠責保険」「任意保険」があり、前者は”強制”で後者は正に”任意”となります。

しかし、ほとんどの場合「自賠責保険」で事故処理が済むことはあり得ません。

よって、ほとんどの人が「任意保険」もかける訳です。

出典:http://gahag.net/

そうすることによって、本当の安心が得られる訳ですね。

今や、事故を起こしたり、起こされても大抵はすぐに保険会社任せになります。

当人同士が話し合いをすると言う事はまずありません。

それは、それで良いのですが、実際のところ保険が万能と言う訳ではないのです。

特に”どこで事故が起きたか”と言う事で大きく変わっていきます。

出典:www.photo-ac.com/

その最たるものは「駐車場内での事故」です。

駐車場は公共の場ではありますが、「公道」ではありません。

そういう側面で考えても、駐車場での事故に限っては”公道”での常識が通用しないのです。

よく駐車場で「当駐車場での事故は一切関知致しません」と言う注意書きがあるように、駐車場での事故は非常に面倒な部分があるのです。

駐車場内での事故には証拠なし!

出典:www.photo-ac.com/

どこで事故があったとしても警察を呼ぶのは当然です。

それが駐車場であっても、一応は警察を呼ぶでしょう。

しかし、ただでさえ「民事不介入」と言うのが警察の姿勢ですから、「公道」ではない駐車場での事故には熱心ではありません。

また、公道とは違い、駐車場には明らかな交通ルールがある訳ではありません。

例えば、公道で信号待ちの際に追突されれば、負うべき責任は「10:0」になります。

出典:www.photo-ac.com/

しかし、明らかに停車していた状態でも駐車場内では「10:0」になることはほとんどありません。

駐車場内では「守るべきルール」がなく、どちらかの過失が100%にならないからです。

この事に関しては警察を呼んだとしても明らかにはならない問題です。

駐車場での事故はどう対処すべき?

出典:www.photo-ac.com/

では、駐車場で事故が起きてしまったらどうすべきでしょうか。

大切なことは初動にかかっています。

まず、近くに人が乗っている車がいた場合、事故を見ていたか、証人になってくれるかを訊きましょう。

もし、可能であれば証人は非常に重要になってくるので連絡先を訊いておきます。

また、大きな駐車場である場合、監視カメラが付いている場合があります。

その録画分を確保するように駐車場側の責任者に通達しましょう。

出典:www.photo-ac.com/

後々に監視カメラ映像を要求しても、重ね録りされていたりするケースがほとんどで誠実に対応してくれることは少ないので最初に申し出ておきます。

こうした初動にすべきことを意外と保険会社はしてくれないので、自分で動くしかありません。

また、事故の相手側にも100%の非がある事を認めた場合は、その旨何かにメモしてサインさせます。

事故は日が経過すればするほど「周囲が入れ知恵」するので、最初が肝心なのです。

それでも公道であれば、どちらに非があるかがある程度明確になっているので、そこまでナーバスになる必要はありませんが、駐車場内では「言った者勝ち」と言う部分が強いので気を付けるべきなのです。

保険会社との打ち合わせは?

出典:www.photo-ac.com/

初動については理解出来たことでしょう。

その後、保険会社とは自分がどういった証拠を確保したか、「10:0」でなければ示談に応じないことなどを伝えておきましょう。

証拠になるものは全てコピーした上で原本は自分自身で持ち、コピーを保険会社に渡します。

もし、保険に弁護士特約などを付けていたとしても駐車場の事故に関してだけはまず自分で動いておくことが必要です。

最終的にはどちらの保険会社の担当者が「ゴリ押し」に強いかで過失の割合が決まってしまうからです。

まとめ

いかがでしたか。

ここでは自動車保険の意外な落とし穴!駐車場での事故編を見てもらいました。

保険会社を有効に使うためにも、こうした知識は持っておいた方が後々後悔しません。

面倒ではあるのですが、保険会社によってはこうした事に得手、不得手が出てきます。

自分自身に過失が全く無いにも関わらず、翌年の保険料が上がったり、自腹を切らなければならないほど馬鹿らしい事はありません。

こうした知識をもって対応に臨みましょう。

 

 


 

 

自動車保険 案内所では、現在と同じ自動車保険の条件で、最安保険料で更新できます!
自動車保険料更新のタイミングでぜひお試しください。
お試し無料!安さに驚きます!

▼驚愕の最安自動車保険料はコチラから▼
おすすめ!

 

上の公式サイトでは、無料で利用できますのでお試しだけでもOKです!

自動車保険の一括見積をお試しください!
保険業者からの面倒な連絡などはとくにありません。
自動車保険の見直しなら大幅に保険料を減らすチャンスです!

更新日:

Copyright© 自動車保険 案内所、一番安い自動車保険が見つかる! , 2018 All Rights Reserved.