自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

トヨタ フルモデルチェンジ

新型クラウンが発売!モデリスタRSボディとは?グレードや価格も調査!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

日本を代表する高級セダンのトヨタ・クラウン2018年6月26日にフルモデルチェンジされました。

気になるのはモデリスタRSなるボディですよね・・めちゃくちゃかっこいいですけどwww

ほかのグレードや価格もいろいろと調査してみたいです。

それでは調べましょう!

新型クラウンとは?

初代クラウンは1955年に発売されています。

それ以来60年を超える伝統がある車ってことで新型は15代目になります。

長年作られてきたからこその重みってありますよね。

それこそクラウンはトヨタが誇る最上級セダンだったと思います。

今はレクサスっていうブランドがあるので、その辺が微妙ですけどねwww

それでもトヨタとしては一番上に位置している車種というのは間違いないでしょう。

「いつからクラウン」っていう有名な言葉があるぐらいです。

しかし、セダンっていうカテゴリー自体が現在はじり貧の状態ですからね・・・

保守的なカテゴリーってことでクラウンではユーザーの平均年齢が65~70歳と高くなっているそうです。

そこで新型クラウンは若返りを目的に思い切ったフルモデルチェンジを行ったということ。

ボディサイズは全長が4910mm、全幅が1800mm、全高は1455mmになっています。

ホイールベースが新型は70mm拡大されていますね。

この違いはボディの前側に反映され、新型ではフロントピラー/ドアパネル/ペダルに対して、前輪が70mm前方へ押し出されています。

先代型よりもボンネットが長く見えるってことですね。

ロングノーズ・ショートデッキと呼ばれる形状でとてもかっこいいです。

BMW4シリーズグランクーペによく似ているっていう噂もありますけど・・・

ってことで、若者向けに舵を取り、走行性能を高めた新型クラウン。

内外装の雰囲気や運転感覚は、メルセデスベンツEクラス、BMW5シリーズなどに近づいた印象がありますね。

でもそれってどうなんでしょうか?

逆に言うと欧州車とは違う”国産高級セダンとしてのクラウンらしさ”というのが薄れてしまった感じはしますよね・・

まあここから質感や風格っていうのは備わっていくのかもしれませんけどね・・

それこそ伝統っていうのはすぐには作れませんからね・・・

この新型クラウンによって今までのユーザーはどういう反応を示すんでしょうか?

動向を見守りたいですね・・

クラウンの過去記事はこちら↓

トヨタ・クラウンがフルモデルチェンジで2018年夏発売!ハイブリッドや価格は?

新型クラウンが発売!グレードや価格も調査!

2018年6月26日に発売された新型クラウン。

何が変わったって若者向けになったっていうのもありますが、グレードも変更されています。

今までのクラウンなら豪華志向のロイヤルサルーン、スポーティーなアスリート、ロングボディで後席の足元空間を広げたマジェスタという3種類のシリーズでした。

新型クラウンは1種類に統合されているそうです。

エンジンは直列4気筒2リッターターボ、直列4気筒2.5リッターハイブリッド、V型6気筒3.5リッターハイブリットの3種類、
駆動方式は後輪駆動の2WDが基本ですが、2.5リッターのハイブリッドには4WDも設定されているということですね。

グレードの基本構成は実用装備を充実させたS、豪華志向で後席の電動リクライニング機能などを備えたG、スポーティなRSが基本です。

これに3種類のエンジンが組み合わされるってことですね。

ってことは3×3で9グレードってことかな?

でもほかに2リッターターボ専用のグレードとして価格が安いBというのもあるらしいですwww

さらに、安全装備を充実させたりなどオプション的なものがあるので選ぶのは苦労するかもしれませんね・・・

しかし基本的には下記のグレードが標準です!

・2.0リッターターボ    460万6200円~559万4400円 燃費数値 12.4キロ
・2.5リッターハイブリッド 497万8800円~601万5600円 燃費数値 20.0キロ
・3.5リッターハイブリッド 519万4800円~718万7400円 燃費数値 16.0キロ

どのグレードがお買い得っていうのはいろいろあると思いますけどね・・・

やっぱり2.5リッターハイブリッドが圧倒的にお買い得ってことですよ。

ターボの場合はハイオクですしね・・・4万キロ走れば燃料代の差額で価格差を取り返せるってことですし、走行距離が延びるほど得になります。

まあ、これほどの高級車ですから、そういうのを気にする人はあまりいないのかもしれませんけどwwww

モデリスタRSボディとは?

オリジナルとは違う存在感を放つモデリスタバージョン。

モデリスタとはトヨタのカスタムブランドですね・・

トヨタ車向けのカスタマイズカーパーツのトータルデザイン、販売でしられています。

モデリスタのエアロで数多く採用されるメッキパーツですが、通常のメッキパーツだけではなく、初採用される「漆黒メッキ」がカッコイイです。

フェンダーやサイドスカートにも漆黒メッキが使用されていますが、いいですよね。

新型クラウン モデリスタRSボディは大人のドレスアップといえるでしょう。

ってことで価格ですがモデリスタエアロキットで、塗装済みが35万7480円、素地が33万1560円ですね

クールシャインキットで6万9120円、19インチアルミホイール&タイヤセットが39万9600円になります。

全部合計すると80万超えちゃいますけどねwwww

それでもモデリスタ使用にする価値はあるかな?

他の人と違う大人のドレスアップをしたいならぜひご購入してください!

カッコよさは断トツですけどね

では!

こちらもトヨタの高級車です↓

トヨタセンチュリーが21年ぶりフルモデルチェンジ!価格や中古は?評価も調査!

-トヨタ, フルモデルチェンジ
-, , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.