自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

トヨタ

新型トヨタクラウン・クロスオーバーの価格は?発売時期やサイズ内装などチェック!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

2022年7月15日にトヨタが新型「クラウン」を世界初公開し、その第一弾として「クラウン・クロスオーバー」を発売すると発表しました。

クラウンといえばセダンってイメージですが、それをがらりと変えなんと4種類ものクラウンが誕生っていうから驚きですね。

16代目のクラウンですが、今回は一番最初に発売される「クラウン・クロスオーバー」の価格、そしてサイズや発売日など詳しくご紹介しましょう。

サイズは従来型と違うの?

クラウン・クロスオーバーのボディサイズは、全長4930×全幅1840×全高1540mm。

ホイールベースは2850mmになりますね。

従来型より全長は20mm長く、全幅は40mm幅広く、全高は75~85mm高く、ホイールベースは70mm短いサイズです。

サイズ的には車高が高くホイールベースが短くなった以外はそれほど変わりはありませんが、見て分かるとおりスタイリングは全然違いますよね。

外観はスタイリッシュなクーペライク・シルエットと、力強さを感じさせるリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミズムを両立指せていますよ。

ヘッドランプとテールランプは、いずれも左右に一直線に繋がる造形で、キャラクターラインにたよらず、面の抑揚で質感を表現したサイドビューなど、シンプルでありながら鋭さと雄大さを兼ね備えたデザインになっています。

灯火類には、全グレードでLEDを採用し、上級グレードではオートレベリング機能やヘッドランプクリーナーも備えていますね。

他にも上級グレードでは、従来のセダンの常識を打ち破る21インチという大径タイヤを採用してるのも特徴です。

ボディ構造の工夫により、ボディ側面近くまで外側に貼りだした足回りと、ボディとタイヤの隙間のバランスも徹底的に吟味したことで、セダンでもSUVでもない、踏ん張り感のある力強いスタイルを実現しています。

全席特等席の内装とは?

 

インテリアも従来型までのデザインとは一線を画すものになっています。

ディスプレイや操作スイッチを水平方向に集約し、直感的に操作ができる機能レイアウトと、インストルメントパネルからドアにかけて繋がりのある造形となりました。

これにより、ドライバーは運転に集中でき、パッセンジャーは心地よく移動を楽しめるという「全席特等席」を実現するということ。

一目で分かる仕立ての良さと着座時の安心感にこだわったシートなど、内装部品の1つ1つも上級な感じですね。

パワートレインは?

クロスオーバーには2種類のパワートレインが設定されています。

1つは「2.4デュアルブースト・ハイブリッド・システム」で、これは低回転から力強いトルクを産み出す2.4L直4ターボと、高い駆動力を発揮する電動パワートレイン「eAxle」、新開発のパイポーラ型ニッケル水素電池を組み合わせたシステムをトヨタとして初採用。

エンジンは272ps/46.9kg-mを発生、モーターは前が82.9ps/29.8kg-m、後ろが80.2ps/17.2kg-mと言うSPECで、燃費は15.7km/L(WLTC)。

アクセル操作にリニアに反応し、気持ちの良いドライビングフィールを体感できますよ。

もう一つが「2.5Lシリーズ・パラレル・ハイブリッド・システム」です。

2.5L直4エンジンにモーターを組み合わせた、クロスオーバーに最適化した高効率システムに、新開発バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載したものですね。

クラストップレベルの低燃費と高い静粛性を実現し、クラウンならではの上質でなめらかな走りを進化指せています。

燃費は22.4km/Lになっていますよ。

トランスミッションは、前者がダイレクトシフト6AT、後者が電気式無断変速機と組み合わせられます。

駆動方式は、いずれも電気式4WDとなりますが、前者は全後輪の駆動力配分を100:0から20:80の間で制御するE-Fourアドバンスト、後者はE-Fourとなり、システムが異なります。

乗り心地と最低地上高は?

シャシーは新開発のTNGAプラットフォームを採用し、21インチタイヤの採用により得られた従来のセダンより高いヒップポイントを生かし、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置を実現しています。

最低地上高は全てのグレードで145mmになっているので、本当に乗り降りはしやすいでしょうね。

足回りでは、フロントにマクファーソンストラット式、リアには新開発マルチリンク式のサスペンションを採用。

運転のしやすさを優先したパッケージでありながら、クラウンらしいどっしりと直進安定性と、しなやかな動き、目線のぶれないフラット感と振動の少ない乗り心地を追求したと言う事。

装備について

装備についてもトヨタのフラッグシップに相応しく最先端の先進安全・運転支援システムが充実しています。

「トヨタセーフティセンス」は、先進機能を付与し、機能を向上した最新のものを全グレードに標準装備。

渋滞時の安全運転を支援する「アドバンスト・ドライブ」やさまざまな駐車シーンでスムースな入庫・出庫を自動で行い、リモート操作も可能な「アドバンストパーク」など安心便利な先進機能を装備していますね。

12.3インチのディスプレイオーディオを備え、トヨタスマートセンターの新しい情報を活用したコネクティッドナビが5年間無料で利用出来るのも嬉しい。

価格と発売時期は?

発売時期は2022年秋頃の発売予定になっています。

生産はトヨタの元町工場・堤工場で行い、月販基準台数は3200台/月と発表されました。

そして気になるクロスオーバーの価格ですが、以下のようになっていますよ。

 

【2.5Lハイブリッド仕様】

  • クロスオーバーX:435万円
  • クロスオーバーG:475万円
  • クロスオーバーGアドバンスト:510万円
  • クロスオーバーGレザーパッケージ:540万円
  • クロスオーバーGアドバンスト・レザーパッケージ:570万円

【2.4Lターボ・ハイブリッド仕様】

  • クロスオーバーRS:605万円
  • クロスオーバーRAアドバンスト:640万円

435万円~640万円ということですが、最新設備などを盛り込んでいると考えると高くないと思いますね。

今後クラウンを購入する人人は、若者も増えていくと思いますが、第一弾のクロスオーバーがどれぐらい売れるのか?

とても興味がありますし、期待したいですね。

-トヨタ

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.