自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

スバル

SUBARU XVがCROSSTREK(クロストレック)に車名変更!フルモデルチェンジで何が変わった?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

SUBARU XVとして日本では発売されていましたが、こちら車名をCROSSTREK(クロストレック)とグローバルで統一するという事ですね。

日本での発売は2023年以降ということですが、待ちきれませんね。

順次世界各国市場に導入という事で早く日本で発売して欲しいです。

そんなクロストレックがどのようなフルモデルチェンジをしたのかをご紹介しましょう。

新型「クロストレック」フルモデルチェンジについて

新型SUV「クロストレック」は従来型の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にもより磨きをかけています。

新世代アイサイトに加えて、広角単眼カメラも日本仕様として始めて採用され、高い安全性能を実現していますね。

従来型でも評価の高かったスバルグローバルプラットフォームの衝突安全性のポテンシャルを引き上げ、フルインナーフレーム構造の採用や、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性向上など、最新の知見や技術を盛り込んでいますよ。

対前面衝突では、バンパービームを車両外側まで拡大する、衝突サブフレームを追加。

対車両の衝突事故において自車の衝突安全性だけでなく、相手側の乗員を守る性能も高めています。

それでは1つずつご紹介していきましょう。

エクステリアデザイン

厚みを感じさせる高いフード位置により、たくましさを表現。

さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕上がっています。

「フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ」はスバルで初採用。

上級グレードでは18インチアルミホイールを採用していますよ。

インテリアデザイン

マルチマテリアルの多層構造とすることで、書く素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザインになっています。

センターコンソール上面の位置を高くして、包まれ感と上質感を表現し、操作性も向上させていますね。

工夫を凝らした収納も充実しており、使い勝手の良さを感じさせるインテリアに仕上がっています。

そして新たに11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面を採用し、スマートフォンの連携機能を大幅に強化。

普段使っているスマホと同じ間隔でシームレスに扱えますよ。

スバル初の4つのカメラ映像を合成して車両周囲360度を映し出す「デジタルマルチビューモニター」も採用しています。

運転席+助手席にヒートシーターを採用し、効率よくシートを温め、早朝や寒い季節でも快適に過ごせますよ。

オプションでステアリングヒーターも採用出来ると言う事。

また今の時代には欠かせないスマホなどの充電に便利なUSB出力電源をセンターコンソールと後席にそれぞれ装備し、合計5箇所もあるのは嬉しいですね。

新世代アイサイトを採用!

トリプルカメラを採用し、性能を向上。

新型ステレオカメラユニットは画角を従来型の約2倍と大幅に拡大しています。

画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識出来るようにしていますね。

また新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識出来る単眼カメラを新採用。

歴代アイサイトとして最高の性能を実現しています。

新型「クロストレック」のスペック

XVまで採用されていたガソリンモデル1.6L水平対向4気筒DOCHエンジンを廃止、2.0L水平対向4気筒DOCH直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」モデルに一本化しています。

全長 4480mm
全幅 1800mm
全高 1580mm
ホイールベース 2670mm
モデル Advance
エンジン 2.0L水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力 107 kW(145ps)/6000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgm)/4000rpm
モーター最高出力 10kW(13.6ps)
モーター最大トルク 65Nm(6.6kgm)
トランスミッション CVT(リニアトロニック)
駆動方式 AWD
バッテリー リチウムイオンバッテリー(4.8Ah)
WLTCモード燃費 15.0km/L

乗り心地が大幅に向上

従来型でも評価の高かったスバルグローバルプラットフォームの衝突安全性能のポテンシャルをさらに引き上げ、最新知見や技術を盛り込んでいます。

大学医学部との共同研究による医学的知見を取り入れた仙骨を押さえて骨盤を支えるシート構造を採用。

路面のうねりで身体をおおきく揺さぶられたときでも、快適な乗り心地を実現しています。

コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」

万が一、重大な事故が起こってしまった場合に、一人でも多くの命を救うために、24時間365日コールセンターでつながることで、交通事故や寅ぶるっが発生した際に、確かな安心でサポートするサービスです。

SUBARUつながる安心パッケージ(有料)新車購入の場合、初度登録日から5年間無料になっています。

先進事故自動通報(ヘルプネット)、SUBARU SOSコール、SUBARUiコール(安心ほっとライン)故障診断アラート&セキュリティアラートを採用していて、緊急時の24時間対応が可能なサービスで安心です。

まとめ

新型「クロストレック」は次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL P+LATFORM(SGP)」を採用しており、乗り心地は先代を大きく越えています。

国内社で非常に優れているSUVと言えるでしょう。

また11.6インチフルHD大画面ディスプレイや次世代アイサイトなど、先進性も素晴らしいですね。

しかし「クロストレック」はSUBARUの中ではランクの低いSUVとしているので、全ての先進技術が採用されていないという欠点もあります。

その分、価格は低く設定されると思いますが、今後のマイナーチェンジなどにも注目しておきましょう。

-スバル

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.