自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

フォルクスワーゲン

VWビートルのカスタム車が格好いい!中古や専門店とは?燃費や価格も徹底調査!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

VWビートルが凄く昔から好きです。

初代が好きですけど・・カスタム車って格好いいですよね。

中古や専門店も多いでしょうけど、燃費や価格など徹底調査してみましょう。

VWビートルとは?

VWビートルは(VolksWagen Beetle)ということですよね。

現在3代目まで発売されています。

順を追って説明していきましょう

・タイプ1 初代モデル。

ビートルと言えばこの車を思い出す人が多いと思うんですけどね・・・

ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンによって製造された小型自動車になります。

「ビートル」「カブトムシ」の通称で知られています。

1938年の生産開から、2003年まで半世紀以上も生産が続き、国際的な自動車市場で多大な成功を収めた車種になります。

四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的な大衆車と言うことです。

フェルディナント・ポルシェさんによって長年にわたり希求さえていた高性能小型自動車のプランが1933年にドイツ首相に就任したアドルフ・ヒトラーの大衆制作と結びつくことで開発が実現したっていう車です。

だからこそ世界的な自動車市場の第一線で競争力を維持できたんでしょうかね?

やっぱりデザインの力っていうのは大きいと思うんですよね・・・

ポルシェ社所属のデザイナーであるエルヴィン・コメンダさんの手によるものですが、独立式フェンダーやホイールベース間の側面ステップを残す古典性はあるものの、1930年代後期として流麗で完成度が高かったと言うこと。

それから基本コンセプトは変えずに多少の変化はあったものの作り続けられています。

だからこそここまで有名なんだと思うんですよね・・・

継続は力なりっていうのがそのまま当てはまると思います。

・ニュービートル

こちらは4代目フォルクスワーゲン・ゴルフなどの「A4」プラットフォームを元に設計、製造されています。

タイプ1をモチーフにしていますがやっぱりちょっと違いますよね・・

そりゃこの方がイマドキって感じで優れてはいるんでしょうけどね・・・

1998年から発売されていて2010年までは製造販売されています。

スタイルは世界的に注目され、初代ビートルの不変のスタイリングであった「円狐」のモチーフを現代化したデザインが特徴ですよね。

また室内空間でも大きな円形メータークラスターやステアリングホイール脇に設けられた「一輪挿し」など初代ビートルの時代のモチーフを流用しているのも良い感じです。

ただ居住性、使い勝手は犠牲にされているって事で、燃費などは低下しているって事ですね・・・

見た目が好きな人が買えば良いって言う車でしょうね。

・ザ・ビートル

2011年に発売されたのがザ・ビートルになります。

車高が低くなりフォルクスワーゲン・タイプ1の全体的な形状を維持しているってことですね。

2012年4月から日本市場での受注が開始され6月から納車されています。

燃費はJC08モードで17.6km/Lでまあまあ良いですよね・・・

で、購入するならやっぱりカブリオレが格好いいと思うんですけどね・・

カスタム車がかっこいい!中古や専門店とは?燃費や価格は?

さて、タイプ1を探すのなら中古しか無い状況ですよね・・

で、気に入る1台も見つかると思います。

中古の価格はピンキリですよね・・・

走行距離などや年式によって変わってくるとは思いますけど・・・

ニュービートルやザ・ビートルは50万~200万ぐらいで購入できますよね。

このデザインが好きなら是非買って欲しいですけどね・・

ただ、デザイン優先の車だと思うので、1人で趣味として買うなら全然良いですけどね・・

家族がいてとかなると、厳しい車だと思います。

それなら日本車で良い車がもっともっとありますからねwwww

でもビートルが欲しい人ってそんな感じじゃ無いですよね。

車にも個性を求めている人でしょうしね。

なので、燃費なんて気にする人は購入しない車だと思います。

燃費を気にするような人は日本のコンパクトカーや流行のハイブリッドを買えば良いんですwww

自分が気に入ったデザインなら買っても後悔しないと思います。

でどうせ購入するならカスタム車がいいですよね・・

専門店で購入するのが一番賢い気がします。

壊れることも多そうですし、専門店で購入すればアフターサービスも安心ですよね。

それこそネットで検索すれば山のようにビートル専門店が出てきます。

それだけ人気の車って事ですけどねwwww

そんななか、最新のビートルカスタム車がとても格好いいのでご紹介です。

ドイツに本拠を置くメミンガーという会社が発表した「ロードスター2.7」です。

ビートルのレストアを得意とする会社ってことですが、初代ビートルのオープン版をフルレストアしたモデルです。

フルレストアっていうか、カスタマイズによる性能アップもしています。

なんとこちらは元はリアエンジン車ですが、ホイールベースを延長しミッドシップレイアウトに変更しています。

前後フェンダーを大きくワイド化し迫力のスタイリングになっていますよね。

めちゃくちゃ格好いいです。

ですが、価格も1千万ぐらいってことですし、生産台数も20台ぐらいって事ですね・・・

お金持ちの道楽の車ってことでしょうか?

こう言う生活にも憧れますけどね・・↓

軽キャンピングカー新車・中古の種類や価格は?人気車種も調査!

まあ、見てるだけでも惚れ惚れしますし、良いんですけどね・・・

ってことで現実的にはビートルカブリオレで我慢しましょうかね?www

こちらも格好いいけど高いデスねwww↓

レクサス新型UXシリーズとは?価格や発売日は?画像や性能もチェック!

-フォルクスワーゲン
-, , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved.