自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

マツダ 評価

マツダ・アクセラがフルモデルチェンジ?評価やセダンとスポーツの違いも調査!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

マツダのアクセラ2018年にもフルモデルチェンジの予定があるかも?って事です。

評価やハイブリッドモデルは出るんでしょうか?

セダンとスポーツがありますが違いは?

色々と調査してみましょう。

マツダ・アクセラとは?

マツダが製造販売するアクセラはファミリアの事実上の後継車って事ですね。

ファミリアがとても懐かしいですけどねwwww

日本国外向けの車名はMazda3ということです。

ファミリアは1963年から2003年まで販売していたマツダの世界戦略車種です。

その後継車種ってことで気合いが入るのは当然ですよね・・・

ファミリアは家族向けのくるまってイメージですけど・・

アクセラもそうなんだろうか?

もっとスポーツ向けの車なんだと思ってました・・・

ってことで初代は2003年に発売されています。

ファミリア同様、日米欧の3極をはじめ世界展開される同社の中核車種と言うことです。

マツダにおいては小型乗用車に分類されますが、ボディサイズは他社よりもおおきく、実質的にはミドルセダンに相当しています。

欧州でのCセグメントというフォルクスワーゲン・ゴルフVやプジョー・307、オペル・アストラなどの超激戦区に本格投入された日本車の代表格。

欧州のユーザーに高い評価を得て、2004年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーでゴルフと並ぶ同率2位を獲得しています。

2代目は2009年から発売され、「再びカスタマーの期待を超える」を開発コンセプトにしています。

エクステリアは初代とは変わってマツダブランドの個性をより際立たせた感じですよね。

インテリアはセンターから両サイドへ向けて力を発散させるようにデザインしたダッシュボードにより視覚的な広がりをみせ、コクピットデザインはドライバーを包み込むようにレイアウトされています。

2013年には3代目が発売。

デザインテーマ「魂動」-Soul of Motiion」を採用しダイナミックで生命観有る動きが表現されています。

個人的になのかもしれませんけど、「魂動」デザインは非常に格好いいですよね・・

どのマツダ車も格好良く見えますwww

フロントフェイスはグリスをより低く構え、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウィング」を採用しています。

またカーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」を初めて導入し、一部グレードを除き標準装備しています。

メカニズムとしては2代目後期型から採用しているSKYACTIVE TECHNOLOGYを、従来のエンジン・トランスミッションに加え、ボディとシャシーも拡大して採用しています。

エンジンも改良され、日本国内向けアクセラでは初となるSH-VPTP型ディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D2.2」搭載車をスポーツに設定しています。

色々改良されて、よくなってるってことですよね・・

セダンとスポーツの違いは?

アクセラにはセダンとスポーツがあります。

両者の違いってわかりますか?

フロントから見るとどちらがどちらかわかりませんけどね・・

でもリアから見ると違いがわかります。

スポーツはハッチバックで、セダンは4ドアってことですね。

この辺は好みだと思いますけどね・・・

セダンの流れるデザインが好みって言う人もいるようですが、人気はスポーツの方かな?

セダンとスポーツの違いもそうですが、他にもハイブリッドも有りますけどねwww

走行性能に優れているのがスポーツ、燃費性能が優れているのがハイブリッド、バランスがいいのがセダンって事だと思います。

ガソリンかディーゼルかっていうのも購入するときのポイントになりますよね・・

正直、ディーゼルは高いです。

確かに燃費はいいですし、トルクも太いのでいいんですけど、価格が高いですからね・・

お金に余裕があればディーゼルでいいと思いますけどね・・

お財布と相談しての購入にいなるでしょう。

あとは好みです!

オープンカーならこの車!↓

ロードスターがマイナーチェンジ!中古やカスタムの人気は?進化を振り返る!

アクセラがフルモデルチェンジ?評価は?

2017年10月の第45回東京モーターショーにマツダは次期アクセラと思わしきコンパクトハッチ車を持ち込み話題になりました。

そのときの画像がこちらです。

めちゃくちゃ格好いいですねwっw

「魁CONCEPT」と名付けられたコンセプトカーはマツダ魂動デザインの第二章への躍進と、内燃機関を搭載する車として理想を追求した車。

マツダの次世代モデルの先駆けとなる、重要な意味を持つコンセプトカーです。

で、アクセラのモデルチェンジとマツダが北米での販売に力を入れていることから考えると、公式発表は2018年11月のロサンゼルスモーターショーが濃厚だという事。

マツダは最近コンセプトカーとほぼ同じデザインで市販化されることから、このデザインでそのまま発売って可能性が高いですよね。

また新型アクセラにはマツダが長きにわたって開発を進めてきた「SKYACTIV-X」が初めて搭載されると言われています。

「SKYACTIV-X」はガソリンエンジンとディーゼルエンジンの技術を融合させた次世代エンジンです。

制御不可能といわれてきたガソリンの自然着火をコントロールすることで、従来のガソリンエンジンに比べ、出力で20~30%、トルクで最大30%もの性能向上を実現ンするそうです。

本当に夢のエンジンですよね・・・

これがマツダの考えるハイブリッドと言うことですかね・・。

他にもFRになるっていう噂もあるみたいですね・・・

確かにFFにしてはフロントノーズが長すぎる気もしますけど・・

直進安定性を高めるロングホイールベースはFRに適した特徴とも言えます。

可能性は十分にあるって事ですけどね・・・

2018年11月に発表され、2019年に発売になるんでしょうけどね・・・

新型アクセラは2019年春~夏にかけて北米で先行発売されて、それから日本でしょうから秋、冬ぐらいになるんだろうか?

いずれにせよ、公式発表が楽しみですね。

アテンザもいい車ですよねww↓

マツダ・アテンザがマイナーチェンジで新型は?燃費や評価は?ワゴンもチェック!

-マツダ, 評価
-, , , , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.