自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

トヨタ 評価

ハイエース新型は?中古車が人気の理由!カスタムや車中泊仕様?

更新日:

Pocket
LINEで送る

トヨタ・ハイエース新型や中古で大人気って事ですね。

しかも価格が高いって事ですwww

その理由はなんでしょうか?

カスタムや車中泊仕様のハイエースもあるとか?

新型も検索されています。

色々と調べて見ましょう。

ハイエースとは?

ハイエースはトヨタ自動車が製造・販売しているキャブオーバー型の商用車及び乗用車。

1967年に初登場って事で、昨年2017年に50周年を迎えていますね。

かつてはショートホイールベースやトラックもラインナップされていましたが、現在はそれらは消滅していて、ロングスーパーロング、ワゴン、ライトバン、コミューターのみ販売されています。

ライバルは日産のキャラバンですね・・・・

人気は圧倒的にハイエースなんだと思いますけどwwww

価格は高いですが、耐久性、エンジンパワー、積載量など貨物車としての性能が高く、宅配業を始め多く多くの企業に貨物車、商用車として広く用いられています。

よく工事関係の車とかが荷物を一杯に積んで走っているのを見ますよね。

また運転手を含め10人乗りという事もあり、送迎バス、乗り合いタクシー、ジャンボタクシー、ハイヤーなどと言った乗用目的。

さらに緊急車、寝台車、現金輸送車、福祉車両などの特殊用途自動車のベースとしての利用も多いです。

さて、1978年2月に最初のモデルが販売されたハイエース。

 

個人的には全然知らないですけどね・・

こんな形をしています。

いかにも昔の車って感じですよねwwww

でもコンセプトはきっと変わっていないんでしょう。

2代目は1977年に登場。

ヘッドランプが丸型4灯から2灯に変更されています。

1982年に3代目が登場していますが、最上級グレードは「スーパーサルーン・サン&ムーンルーフ」ということですね。

1989年に4代目にシフトして燃料給油口が右から左へ変わっています。

また全車フロアシフトになり、パーキングブレーキもダッシュボードしたのステッキ型から、前席間のフロアへ移設、レバー型へ変更されています。

この4代目は今でも見る事がありますけどね・・・

まだまだ現役ってことなんでしょう。

そして現在も発売されている5代目は2004年から発売されています。

15年ぶりにフルモデルチェンジしたってことですね。

ボディがロングの標準ボディやワイドボディ、スーパーロングやスーパーロングのハイフーフなどもあり、多彩ですよね・・・

これが普通免許で乗れるって言うのが凄いですけどね・・

大は小を兼ねるっていうのが魅力なんだと思いますけどwwww

中古で大人気の理由は?

商用車としての人気も高く、苛酷な使われ方もするハイエース。

しかし購入後に高値で売却できる車として有名です。

ハイエースの買い取り価格は飛び抜けて高いと言われています、

新車として売られた3年後であれば、買い取り価格が新車価格の65~75%に達すると言うことです。

5年後でも55=65%と言うことですからね・・・10年後でも流通価値が十分残るって事です。

その人気を裏付けるのに窃盗の被害も多いって事なんですよね・・

盗難の被害が最も多いのがプリウスで、次にランクル、そしてハイエースです。

何故にそこまで中古で大人気なんでしょうか?

理由は商用車として機能が優れていて、なおかつ海外でも人気があるからって事ですね。

特にアフリカやアジアなどの新興国ではハイエースは人から荷物まで、全てを運ぶ便利な道具として機能しているって事です。

やはり長年にわたって苛酷な使われ方をしても故障しにくい、そしてボディ剛性も非常に高いって事ですね。

高い中古を買ったとしても安心して使えるっていうのが大人気の理由でしょうね・・・

それこそ50年作り続けてきた信頼感みたいな物もあると思います。

またライバル車種の日産・キャラバンが弱いっていうのもあるかもしれませんね・・・

だからこそ独走状態で、価格が高いっていうのもあると思います。

今後もその傾向は変わらないのかな?

購入する方としてはキャラバンに頑張って貰ってハイエースの価格が下がってくれると嬉しいですけどねwww

カスタムや車中泊仕様、新型も調査!

ハイエースは人気だからなのかカスタムパーツも豊富に揃っています。

商用車のハイエースは本当に荷物を運ぶだけって感じで、お世辞にもカッコイイとは言えません。

しかしカスタムすると一気に格好良くなりますよね。

ローダウン、エアロ、アルミホイールなどで全然見た目が変わります。

ということで、カスタムハイエースのご紹介です。

どれもカッコイイですよね・・・

そして外装のカスタムもそうですが、内装のカスタムも充実しています。

それが車中泊仕様ですかね?

ワンボックスで広い車ということで、荷室にベッドや流しを装着すれば比較的簡単に車中泊仕様になります。

キャンピングカーへのアレンジも簡単って事ですよね。

キャンピングカーの定番がハイエースといっても良いでしょう。

軽自動車のキャンピングカーも人気ですよ!↓

軽キャンピングカー新車・中古の種類や価格は?人気車種も調査!

自分好みのカスタムが出来る、そしてそれが可能なのがハイエースの人気でしょうね・

そんなハイエースですが新型は発売されるんでしょうか?

2018年現在で発売から14年ですかね?

しかし2017年の登録販売台数が6万台以上ということで、普通に売れてますからね・・・

もう少し現行型を販売するのかもしれません。

それでも2019年にフルモデルチェンジするっていう情報もありますけどね・・・

その場合はキャブオーバーでは無く、ボンネット型になるとか?」

そうなると現在のハイエース好きにはちょっと悲しいかもしれませんね・・

ボンネット型だと普通にミニバンみたいな感じになっちゃう気がするんですけど・・・

安全のためって事ですが、どう言う決断になるんだろうか?

それこそフルモデルチェンジして不人気だと中古価格が更に上がるかもしれませんよね。

新型に関しては続報を待つしか無いですけどね・・・

まだまだ人気のハイエース、もしかすると現行型が一番かもしれません!

購入する今かも!?

こちらのフルモデルチェンジも期待してますけど・・↓

トヨタ・エスティマのフルモデルチェンジはある?中古やカスタムが人気?ハイブリッド設定は?

-トヨタ, 評価
-, , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved.