自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

スズキ 新型車情報

新型ジムニーが2018年8月発売予定!20年ぶりの進化とは?歴代ジムニーを振り返る!

更新日:

Pocket
LINEで送る

スズキ軽自動ジムニー2018年8月にフルモデルチェンジされ発売されるという事ですね。

20年ぶりのフルモデルチェンジということでとても気になります。

進化してるでしょうね・・・マイナーチェンジは行ってますけどね・・

歴代ジムニーを振り返りながらジムニーについて調べて見ましょう。

歴代ジムニーを振り返る!

さて、ジムニーという車からまずは説明していきましょうね。

ジムニーという名称はジープ型のミニという意味を込め、「Jeep」と「Mini」「Tiny」を掛け合わせて命名されたということです。

覚えやすくて良いですよね・・

スズキが1970年から販売している軽自動車のオフロード四輪駆動車がジムニーになります。

基本は軽自動車モデルですが、普通自動車登録のジムニーシエラ、ジムニーワイドなどもありますけどね・・・

ジープ以来の伝統的な四輪駆動車の構成を固持する、小型で軽量なパートタイム4WD。

いまなお強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)を使い続け、サスペンションも前後とも固定軸を用いているという事です。

これは現在の自動車に於いて独自かつ稀な存在という事ですね。

と言うことで日本のみならず、世界中でも高い評価を受けているのがジムニーです。

特に純粋な悪路の踏破性能では四輪自動車としてトップクラスの性能があり、クロスカントリー競技のベース車としても人気ですよね。

狭い道路や、山岳地帯、積雪地において根強い需要がありますよね・・・

また林道走破や釣り目的での山道、砂浜での走行、スキー目的での雪道走行にも適しています。

なんかジムニーを乗っている人は趣味が充実してる人みたいなイメージもありますけどねwwww

で、そんなジムニーの初代から振り返って見ましょう。

初代ジムニーは1970年4月に軽自動車初の本格四輪駆動オフロード車として発表されました。

発表されると維持費の安い軽自動車でありながら、大型の四輪駆動車以上の機動力を発揮する実用性で評価され、商業的に成功を収めました。
その後もマイナーチェンジをしていますが、初代をベースにしているのは変わりませんね。

次の2代目ジムニーは1981年5月に発売されています。

初代から11年で初めてのフルモデルチェンジと言うことですからスパンが長いですよね・・

快適性や操作性などを乗用車としての性能を向上させています。

またエクステリアも初代よりは女性ユーザーを意識した物になっていますかね。

この2代目は未だに走っていると思いますけどね・・・

格好いいと思います。インタークーラーターボ搭載車などこちらもマイナーチェンジを繰り返し、発売されていました。

次に1998年10月から3代目が発売されています。

この頃になるとボディも角張ったものから少し丸みのある物に変更が加えられています。

オンロードでの操縦安定性とオフロードでの走破性の向上を果たしています。

段々と進化をしているジムニーですが、元のキャラは変わってないってことですよね・・

そこが凄いと思いますよ。

だからこそジムニストと呼ばれるジムニーファンが多いって事でしょうね・・・

新型ジムニーが2018年8月に発売予定!

さて、そんなジムニスト待望の4代目ジムニーが2018年8月に発売ということで、ファンも嬉しいでしょうね。

海外では車両のテスト走行が開始されていて、スパイショットも撮影されているという事です。

凄く気になりますので、とりあえず画像を貼っていきましょう。

どうやらエクステリアは原点回帰なのか角張ったボディデザインになってますよね・・・

そしてライトは新型ハスラーのような丸めのヘッドライトに見えます。

ボディカラーもツートンカラーをラインアップということで、ジムニーがハスラー化している気がしますwww

まあカラーによっては女性が運転していても格好いい車になりそうです。

現行同様に強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)ですし、前後リジッド式サスペンション、ローレン地突きパートタイム4WDを採用しています。

他の20年ぶりの進化については次に書いていきましょう!

20年ぶりフルモデルチェンジによる進化とは?

やはり安全装備などは以前と違いますよね・・

デュアルセンターブレーキサポートを搭載し、単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして自動ブレーキ性能などをはじめとする様々な機能で危険を回避するという事ですし、ボディは軽量衝撃吸収ボディTECTを採用しています

悪路に強いけどオンロードもいけるっていうのを全面的にアピールしていくんでしょうかね。

またインテリアもイマドキの最新設備が期待されそうです。

やはりカーナビをメインとしたレイアウトになるんですかね?

まさかジムニーにヘッドアップディスプレイは付かないと思いますけどwwww

それでも走破性と快適性が両立すれば鬼に金棒ですけどね・・・

それでもスズキには大ヒットしたハスラーがありますからね・・・

やはりジムニーはアウトドアっていうかオフロード向けという色合いが強いんでしょうね。

あと、気になるのはカラーですよね・・

あまり派手なカラーにするとそれこそハスラーと区別が付かなくなりそうですけど・・・

まあ選べる権利は購入者にあるわけで選択肢が広いのは良い事ですけどね。

発売まであと半年、期待して待っていたいですね。

楽しみです!こういう待ってる時って一番ワクワクしますよねwwww

-スズキ, 新型車情報
-,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved.