自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

軽自動車

ワゴンRスマイルが爆誕!ライバルのムーヴキャンパスと徹底比較!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

N-BOXなどに代表されるスーパーハイトワゴンが大人気だが、その一方でもう少し背が低く、それでいてスライドドアが欲しいというユーザもいます。

そんなニーザーにマッチするのがダイハツのムーヴキャンパスで、これまでこの市場を独占していました。

そこにスズキがライバル車「新型ワゴンRスマイル」がデビュー!

サイズなどは同じような2台ですがどこが違うのか検証してみましょう。

スライドドアを備えたハイトワゴン対決!

スライドドアの軽自動車が欲しいけど、実用性最優先!って感じじゃないオシャレな車がいいなと思っている人も多いでしょう。

そこで人気なのはダイハツムーヴキャンパスですが、スズキワゴンRスマイルが2021年8月27日にデビュー。

もろにムーヴキャンパスに対抗してだしたワゴンRスマイルですが、どんな違いがあるのか徹底検証していきましょう。

【価格比較】

ムーヴキャンパスは、ムーヴとタントのちょうど中間くらいとなる全高1655mmのボディに、両側スライドドアを備えています。

デザインはフロントマスクがにっこりと笑いかけるようにフレンドリーで、ちょっとレトロな印象を受けるツートンカラーがメインです。

可愛らしいパステル系に加えて、ダークなレッドや部落のモノトーン系も揃っていて、様々な好みに対応していますね。

女性人気が高いのが特徴ですよ。

価格は143万~175万4500円で販売されています。

一方ワゴンRスマイルは全高が1695mmとややムーヴキャンパスより高め。

それに両側スライドドアを備え、フロントマスクは丸いヘッドライトが温もりのある雰囲気を醸し出しています。

それでいて、全体的に直線基調のボクシーなフォルムで、可愛いだけじゃなく上質な大人っぽい印象も持ち合わせているのが特徴ですね。

価格は129万6900円~171万6000円と、ムーヴキャンパスよりも約13万円安いグレードもラインアップされているのがポイントです!

【内装比較】

次に室内の使い勝手やシートアレンジを見てみましょう。

ムーヴキャンパスは2455mmという長いホイールベースを活かした広々空間で、室内長が2115mm、室内幅が1345mm、室内高1285mm。

前席はベンチシートのように使えるセパレートタイプで、ふっくらとした座り心地。

ボックス付きのセンターアームレストが標準装備、usbポートは前席に1つ装備されています。

後席は左右分割で240mmのロングスライドでリクライニングが出来る、ゆったりとしたシート。

収納ではとくに、後席の座面下が大きな引き出し式のボックスになっている「置きラクボックス」が特徴的です。

対するワゴンRスマイルは家族向けの装備が多数揃っています。

室内の広さもムーヴキャンパス以上で、室内高が1330mmと高いのd、頭上空間にはかなりゆとりがあります。

最上級グレードには、パワースライドドア、フルオートエアコン似加えて、シートヒーターの設定もありますし、USBポートは前席に二つ装備されます。

助手席、運転手と2人で使う事も考えて二つあると便利ですよね。

「ラゲッジ比較」

ムーヴキャンパスはフロアの下にアンダーボックスがあり、フロアボードを上げると背の高い荷物も積み込めます。

大きな荷物を積みたいときは後席が左右分割で前倒し出来るタイプです。

ただ少し段差が出来て、フロアには傾斜がついてしまうのは残念ですね。

また運転席の背もたれが180度近く倒れるので長い荷物を積むことが出来るのも便利。

対するワゴンRスマイルは、後席がダイブダウンでフロアに沈みこむように格納出来るのが特徴で、そのため広くフラットなスペースが広がります。

助手席の背もたれを倒して繋ぐ事も可能なので、長い荷物を積むこともでき、運転席と助手席の背もたれを後ろに目一杯倒すと、ソファモードにもなりますし、後席のダイブダウンとあわせて車中泊にピッタリの広大なスペースにもなります。

【先進安全装備比較】

安全装備などの比較を行いましょう。

ムーヴキャンパスには、衝突回避支援システム”スマートアシストⅢ”が全車標準装備で、歩行者にも対応する衝突回避支援ブレーキや前方・後方の誤発進抑制機能、オートハイビームなど7つの機能が揃います。

しかし、高速走行や長距離ドライブが安心なアダプティブクルーズコントロールなど、最新の軽自動車の多くに備わる機能は設定されていないものもあります。どちらかというと、市街地でのチョイ乗りに向いている安全装備に特化していると言えますね。

一方、ワゴンRスマイルは”スズキセーフティサポート”が全車標準装備で、ムーヴキャンパスに搭載される機能に加えて、夜間の歩行者も察知する衝突被害軽減ブレーキや、後退時ブレーキサポートなどの全8つの機能が装備されます。

また全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや、ヘッドアップディスプレイ、全方向モニター用カメラも上級モデルにオプション設定されています。

市街地はもちろん、高速道路を使った長距離ドライブ時も安心感が高まるので、ファミリーでのレジャーにも安心と言えますね。

まとめ

ムーヴキャンパスとワゴンRスマイルを比較してみました。

どちらも良い車ですが、全体的に最近発売されたばかりのワゴンRスマイルに軍配が上がりますね。

今後はこの2台が牽引してこのタイプの車が売れるかもしれませんね。

ホンダのN BOXのようなスーパーハイトワゴンではなく、ハイトワゴンのスライドドア仕様が人気になる可能性もあります。

これから注目の軽自動車のジャンルとして見守っていきましょう。

-軽自動車

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.