自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

SUV スバル 評価

スバルXVのハイブリッドはある?価格や評価は?燃費やCMソングもきになる!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

スバルのXVはCMが結構流れてますよね。

CMソングが気になる人多いようです。

もちろん車の性能は気になりますけどねwww

ハイブリッド仕様や価格、そして評価や燃費など色々と調べて見ましょう。

スバルXVとは?

スバルXV(エックスブイ)はSUBARUが生産・販売するクロスオーバーSUVになります。

インプレッサの派生車ということですね。

インプレッサのクロスオーバーモデルは1997年のフォレスター誕生以来、北米ローカルのアウトバックスポーツを除いて長らく途絶えていたということ。

インプレッサXVは欧州で既存車ベースのクロスオーバーSUVが注目されつつあった2010年に3代目インプレッサのクロスオーバーモデルとして誕生。

そういう流れがあるんですね・・

で、XVですが、2010年3月の第80回ジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されています。

日本へは6月24日から発売ってことですね。

インプレッサの5ドアハッチバックがベース。

一体感のある造形タイプの専用フロントグリル&バンパー、サイドクラッディング、ルーフレール、ルーフスポイラーを装備。

インテリアにはブラウンをアクセントに使用していました。

日本国内向けのグレードは1.5iと2.0iの二種類でノーマルモデルと同じくそれぞれに2WDとAWDを設定。

このときはインプレッサXVという車名だったんですよね・・

2011年10月に生産終了しています。

で、2012年9月25日にフルモデルチェンジされて発売されたのがスバルXVということです。

スバル共通のアイデンティティであるヘキサゴングリルやホークアイヘッドランプのデザインを採用。

SUVらしさを演出するため、最低地上高を高めの200mmに設定していますが、全高は1550mmに抑えられているためほとんどの機械式立体駐車場に入庫できるようになっています。

この辺は便利っていうか考えられてますよね。

ボディカラーは専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」と「デザートカーキ」を含む9色を設定。

エンジンはFB20型に置換され、リニアトロニック及びアイドリングストップを採用したことで燃費を向上し、全車「平成27年度燃費基準」を達成しています。

また先代では搭載されなかった運転支援システム「Eyesight(ver.2)」を搭載した「2.0i-EyeSight」の3グレードを設定。

その後スバル初のハイブリッド車になっていますね・・それは次に説明しましょう。

個人的には車高を高めにしたインプレッサみたいなイメージですけどね・・・

外観が個性的で格好良くて、運転も楽しめる実用性も兼ね備えるXVが売れたって事でしょうね・・・

微妙な感じもしますけど、売れてると思います。

3代目は「Fun Adventure」をコンセプトに都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとして走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVとして発売。

ヘキサゴンモチーフを基本にしたフロントグリルに幾何学テクスターを施しています。

ボディサイズは先代モデルに対して全長が+15mm、全幅は+20mm、ホイールベースは+30mmとそれぞれ拡大していますね。

全高は先代モデルと共通の1550mmに抑えられている為、ほとんどの機械式立体駐車場に入庫できるのは変わりません。

また新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用していて、操舵応答性と操舵安定性が飛躍的に向上しているのも嬉しいですね。

操作性を更に高める電子制御システム「X-MODE」を採用していて、悪路や滑りやすい路面、下り坂で効果を発揮するという事です。

雪道とかに強いんだろうなってイメージです。

見た目も格好良くて、悪路に強いXVはそんな車だと思います。

ハイブリッドモデルは?

2013年6月24日にハイブリッドモデル「XV HYBRID」を発表。

同日から販売も開始しています。

エンジンのFB20型はさらなるフリクション低減を行ったハイブリッド専用仕様に、トランスミッションは既存のリニアトロニックをベースにプライマリープーリー後方にハイブリッド洋駆動モーターを一体化した専用トランスミッションを採用しています。

出力側にもクラッチを設けており停車時の充電も可能ということ。

またガソリン車と同じフルタイムAWDを採用したシンプルな構造により、低速領域でエンジンを切り離したEV走行時においてもAWDにより4輪全てにトルクを伝えることが可能になっています。

また普通のハイブリッド車は燃費を気にするあまり、エンジンもダウンサイジングなどしている場合もありますが、XVはガソリン車と全く同じものを使用。

っていうかハイブリッドは駆動用モーターが備わり、エンジンとモーター駆動を合計したシステム最高出力はガソリン車を上回っています。

気になるのは燃費ですが、ノーマルエンジンが15.8キロ。

XVハイブリッドは20.0キロ。

ということで、あまり変わりないんですよね・・・

ハイブリッド化に伴う燃費向上率は27%ということで、これは少し物足りないかもしれません。

しかしそれは運転すると印象が変わります。

XVハイブリッドでは反応の素早いモーターがエンジンの力を効果的にサポートし、アクセス操作に応じた加速力が得られるということです。

低回転域でモーターが加わることによって、駆動力が約1.5倍になるということで、それが力強さに繋がるんでしょうね。

燃費を向上させるハイブリッドというのではなく、スバルの場合は走りの良さを高めるハイブリッドといえますかね?

そこが他のライバルメーカーとの違いかもしれません。

「スバルの考え方を貫いたハイブリッド」ということで、スバルファンは嬉しいでしょうねwww

また2018年10月にe-BOXER搭載グレード「Advance」が発売されています。

これが一番新しいXVですよね・・

CMでバンバン流れてるのはこのe-BOXER搭載のXVだと思いますww

CMソングが気になる!

スバルのCMってとてもイイですよね。

ドラマ仕立てのCMも有りますけど、ちょっと感動することすら有りますけどwww

それほどよく出来てるCMだと思います。

スバルの車に乗りたくなりますからねwww

で、XVのCMですが、こちらも最近は頻繁に見ます。

e-BOXER搭載モデルのCMですけど、格好いいですよね。

っていうかCMソングが気になります。

こちらは[Alexandros](アレキサンドロス)のワタリドリと言う曲になります。

アサキサンドロスは4人組のバンドで、2014年11月にメジャーデビューしていますが、インディーズの時代が長く、皆さんアラフォーって事です。

で、CMで流れている曲「ワタリドリ」ですが2015年3月にリリースされているものですね・・

メジャーデビュー後初のシングルと言うことです。

疾走感のある曲調がCMに選ばれた理由でしょう。

価格や燃費や評価は?

さて、XVの話しに戻りますけど、やはり気になるのは価格です。

どんなに良い車でも価格が高ければ購入出来ませんからねwww

と言うことで価格ですが・・

1.6i  EyeSight 2138400円 燃費 16.2キロ
1.6i L EyeSight 2246400円 燃費 16.2キロ
2.0i L EyeSight 2484000円 燃費 16.4キロ
2.0i S EyeSight 2678400円 燃費 16.4キロ

そして、ハイブリッドのAdvanceが2829600円ということです。

燃費は20キロ弱っってかんじで、それほど劇的な燃費の良さではありません。

まあスバルもハイブリッドって謳ってませんからね・・

走りの質を高めるっていう方向性のハイブリッドですから・・

で、全体的な評価なんですが、評価は高いです。

走りについても良いですし、外観も格好いいという声が多いようですね。

ただ、燃費に関してはもっと頑張って欲しいと言う声が多いですけどね・・・

でもスバルって昔から燃費には弱いっていうか、そういうメーカーですよね。

燃費を気にする人はあまりスバリストにはいないような・・

燃費よりも走り、そして今ならアイサイトによる安全性能がスバルの売りなんだと思います。

そしてそれが支持されているからこそ、売れているんだと思いますけどね・・・

どうせ購入するならe-BOXER搭載の「Avance」が良いですけどwww

内装も良いみたいなので、購入する価値はありますよね。

XV気に入った人は是非試乗した方が良いですよ。

では!

他のスバル車はこちら↓

スバルフォレスターがフルモデルチェンジ!中古の価格や口コミの評価は?

スバル・レガシィといえばツーリングワゴン!新型やB4とは?中古や燃費も調査!

-SUV, スバル, 評価
-, , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.