自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

ホンダ 評価

ステップワゴン新型は?ハイブリッドの実力や燃費は?カスタムやスパーダも調査!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ホンダのステップワゴン

個人的には結構カッコいい車種だと思ってますけど、人気はないのかな?

ハイブリッドの実力や燃費は?

カスタムやスパーダなど色々と調べて見ましょう。

ステップワゴンとは?

ステップワゴンは本田技研工業が生産、販売するミニバン型の乗用車になります。

1990年代までの日本のミニバンの多くが、キャブオーバータイプのFRレイアウトだったのに対して、FFレイアウトのボンネットタイプのミニバンだったのがステップワゴンです。

パッケージングの良さと、価格帯の広さから販売面で成功を収めています。

っていうのが初代ですけどねwww

1996年5月8日に初代が発売されています。

確かに初代はこんな車初めてってことで、人気モデルになりました。

ホンダの車って最初は売れるんですよね・・↓

ホンダN-VANの発売日や価格は?燃費や車中泊も気になる!ブレイク間違い無し?

床の低さや四角いシンプルなスタイルは珍しかったですからね・・・

初代は車体剛性確保の為、右側スライドドアを設けず、風呂とドア以外のガラスをスイング式にすること、溶接紺野目隠しとリアコーナー部のシール作業を省略するため、無塗装の太い樹脂モールと大型のリアコンビら婦で車体の門を覆っていました。

それでも剛性の低さ等もありましたが、販売は非常に好調でしたよね・・・

エアコンをメーカーオプションにしたNの価格は184.8万円ってことで、今の軽自動車よりも安いんじゃないだろうか?

沙宇ペンションは前輪側がストラット式、後輪側はダブルウィッシュボール式サスペンション。

エンジンはCR-Vに搭載されているB20B型エンジンのみで、トルク特性はステップワゴン用に低速寄りにチューンされ、出力は125psに抑えられていました。

2001年4月5日にフルモデルチェンジされ、2代目が発売。

キープコンセプトということで、外観も先代モデルの特徴を多く残しています。

それだけ先代が売れていたから変更しなかったという事でしょう

安全性の向上が図られ、ステップが45mm低床化されています。

シフトレバーの位置が先代のコラムシフトからインパネシフトに変更されてもいますね。

2005年5月26日に3代目が発売。

ここで大幅にコンセプトを変更し、独自の低床・低重心プラットフォームをベースに、薄型の樹脂製燃料タンクやサイレンサーを採用した専用設計により、室内高を保ちつつ、60mmの低床化・40mmの低重心かを達成。

さらに全高を75mm低減しています。

コーナリング性能及び高速道路での直進安定性を向上させてもいますね。

全体的にダウンサイジングされていて、迫力は無くなったかな・・・

4代目は2009年10月9日から発売。

「家族が楽しく、楽に移動出来る車」を目指して開発されています。

3代目に比べ全長を50mm、全高を45mm延長。

ダウンサイジングからは逆光していますが5ナンバーサイズに収められています。

3列目はリアフロアの構造を工夫することで簡単に床下に格納できる「3列目床下格納シート」を採用。

エンジンは2.4Lを廃止して、2.0Lに一本化しR20A型だけになっています。

2010年の累計販売台数が80933台になり、ミニバンにおいて第一位になったことが発表されました。

首位獲得は初代モデルが3年連続ミニバン首位を達成した1999年以来11年ぶりってことで、復活したって言うのがわかりますよね・・・

初代が売れていたっていうのもわかりますけど・・

2015年4月23日に5代目が発売。

エンジンが大幅にダウンサイジングされHonda車では初採用となる「VTEC TURBO」エンジンであるL15B型に変更されています。

この結果燃費性能は向上されています。

新機能としてテールゲートに横開き式のサブドアを組み合わせた「わくわくゲート」と3列目シートを左右分割して床下に格納できる「マジックシート」を採用しています。

これにより、サブドアから直列3列目シートへの乗降が可能になったほか、3列目シートは社内からも操作できるようになっています。

また安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプのメーカーオプション装備しています。

ってことで、着実に進化はしていますけどミニバンのライバルは多いですからね・・

日産・セレナの他にもトヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアなどがあって、大変だと思います。

頑張ってると思いますけどね・・・

ステップワゴン新型は?ハイブリッドの実力や燃費は?

まあ、新型っていうかマイナーチェンジでハイブリッドが2017年に登場しています。

これにより、販売台数もかなり上がったって聞きましたけどね・・・

それでもトップではないということで、苦戦しているようです。

で、ハイブリッドの実力なんですが、とても評価は高いですよ・・・

燃費もミニバンでトップクラスの25キロってことですし、売れない理由がわかりませんwww

しかし調べて見ると値段が高いんですよね・・・

同じようなミニバンを比較すると何十万円、価格が上です。

それはちょっとキツいかな?

また値段が高い割に内装があまり良くないっていうのもあるようです・・・

そしてやはりフロントマスクでしょうか?

現在のスパーダとかは結構良いデザインだと思いますけど、それでもまだ迫力不足なのかな?

ヴォクシーやノア、エスクァイアも迫力ありますからねwww

それが今の流行っていうことなんでしょうけど、その辺で負けているのかもしれません。

カスタムやスパーダも調査!

ステップワゴンを購入するならスパーダですよねwww

カスタム仕様で格好いいですし、今、普通のステップワゴンを購入する人は少ないと思います。

それこそ、仕事で使うとかそういうときぐらいじゃないですかね?

で、スパーダをもっと格好良くっていうことでカスタムをするわけです。

アルミホイールを変更するのはもちろんですけど、白いアルミなんてとても格好いいですwww

フロントリップやハーフスポイラーも良いですよねwww

モデューロXっていうのもありますけど・・あまり迫力がない気がします。

スパーダを購入して自分でカスタムした方が迫力ある車に仕上がるって感じです。

なんか、フロントをもっと頑張ればもっともっと売れる気がしますけど・・・

横から見たデザインなんか他のライバルのミニバンより格好いいと思います。

フルモデルチェンジまで、まだ何年かあるでしょうし、現行型のマイナーチェンジでもっと迫力あるフロントにして欲しいです。

期待しています!

こちらもホンダの車ですよ!↓

ホンダ・ヴェゼルのフルモデルチェンジはいつ?評価やハイブリッドは?中古やカスタムもチェック!

-ホンダ, 評価
-, , , , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.