自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け

自動車最新ニュースを掲載!新型車リリースやニューモデルチェンジ発表など自動車の最新情報をお届けします。

日産自動車 評価

日産・ローレルの歴代車種は?中古の価格や現在の販売は?オススメも調査!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

日産から販売されていたローレル

とても懐かしいですけど、今は販売してないのかな?

歴代車種を知りたいですけどね・・・中古の価格や現在の販売は?

オススメの年代ってありますかね?

色々と調べて見ましょう。

日産・ローレルとは?歴代車種は?

日産自動車がライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の「ハイオーナーカー」として1968年から販売していた高級乗用車になります。

今から50年前って事ですね・・・

それは歴史のある車ですね・・

しかし2003年で製造販売が終了しています・・

それも悲しい事実ですけどね。

って事で、歴代ローレルを振り返って見ましょう。

・初代 C30型系(1968年~1982年)

510型ブルーバードより上級で、かつ法人需要の多い130型セドリックとは性格の異なる「ハイオーナーカー」として企画されています。

車両開発中に日産自動車とプリンス自動車が合併した諸事情に鑑み、村山工場での生産となったため、プリンス製・直列4気筒SOHC1815ccのG18型を搭載した発表になりました。

エンジン以外は全て日産独自開発と言うことですね。

ステアリングにラック&ピニオン、サスペンションにフロント・マクファーソンストラットとリア・セミトレーリングアームの4輪独立懸架方式などですね。

・2代目 C130型系(1972年~1977年)

1972年4月にモデルチェンジ。

ボディバリエーションは4ドアセダンと2ドアハードトップ。

プラットフォームはC110型スカイラインと共通で、この代以降スカイラインと基本設計が共通化されています。

ハードトップはボディ外板に燈火類がない特徴的なリアスタイルから「ブタケツ」という愛称があります。

現在でも旧車雑誌に取り上げられるほど人気が高いのが2代目とも言えます。

・3代目 C230型系(1977年~1980年)

1977年1月にモデルチェンジ。

 

先代の流れを汲みキープコンセプトになりましたが、デザイン的にはより重厚感を強調した物になっています。

ていうか全然キープコンセプトだとは思えなかったんですけどねwww

かなりエクステリアは違う気がしますけどwww

ハイオーナーカーということで豪華なインテリアと居住性を確保しています。

4ドアセダン、4ドアハードトップ、2ドアハードトップが設定。

1978年11月にマイナーチェンジが行われ、ヘッドライトが角目4灯式になっています。

オートエアコン装備の最高級グレード「メダリスト」(Medalist)が追加されています。

メダリストっていうのはこのときに出来た名称なんですね・・

・4代目 C31型系(1980年~1984年)

1980年11月にモデルチェンジ。

スカイラインの開発主管と兼任の形で桜井眞一郎さんが務め、デザインは「アウトバーンの旋風」の広告コピーに象徴される欧州風のスタイルに変更されています。

この4代目からローレルとして初めてターボエンジンが搭載されています。

・5代目 C32型系(1984年~1993年)

1984年10月にモデルチェンジ。

キャッチフレーズは「ビバリーヒルズの共感ローレル」

ボディバリエーションは4ドアセダンと4ドアハードトップで先代がヨーロッパ車調で苦戦したために押し出しの強いアメリカ車調に変更になっています。

世界初の電動格納式ドアミラーを装着。

世界初とかっていうのはやっぱり良いですよねwww

搭載エンジンはRB20E型直越6気筒SOHC2.0Lターボ(歴代ローレルでは唯一のV6エンジンってことです)、CA18S型直列4気筒、LD28型直列6気筒SOHC2.8ディーゼルということです。

・6代目 C33型系(1989年~1993年)

1月に発売。キャッチコピーは「時代のまんなかにいます。」

ボディは4ドアハードトップのみということで、潔いですwww

歴代最後の4ドアピラーレスハードトップと言うことですね・・・

車高が低いため室内空間が犠牲となり、室内の広さは大人4人の長時間乗車に耐えうる最低限の寸法が確保されている程度の物だったという事です。

それでも、この車私の家にありましたねwww

私は当時、子供でしたけど、この車が好きでしたwww

ローレルのメダリストのツートンだと思いましたけど、子供ながらにスッゲーかっこよく見えたんですよね・・

大人になったら乗りたいなと思っていた車でしたwww

まあ、実際乗ってませんけど、プラモは作ったかな?www

そういう思い出って大事ですよねww

・7代目 C43型系(1993年~1997年)

1993年1月にモデルチェンジ。

キャッチフレーズは「すっきりがいい。1993年と新しいローレル」

全車3ナンバーとなり、全車センターピラーを加えた4ドアピラードハードトップ。

室内空間の居住性が大幅に改善されています。

1994年9月にはマイナーチェンジが行われ、外観デザインが大幅に変更されました。

人気が無かったという事でしょうか?

フロント周りはライト、グリル、ボンネットの変更、そしてリア回りもリアテール、バンパー形状の変更など。

CM出演は歌手の森進一さんで「走ってま~す。」「いいね。いいね。」が合言葉でした。

キャッチコピーは「ローレルのビッグチェンジ」

・8代目 C35型系(1997年~2003年)

6月にモデルチェンジ。

スタイルは先代に対し、より傾斜の大きくなったCピラーなど躍動感を強調した物になっています。

搭載エンジンはRB20DE型、RB25DE型、RB25DET型、及びRD28型の4種類です。

トランスミッションは4速ATのみの設定でした。

2003年1月に排ガス規制に対応出来ないため、生産終了しています。

2003年2月に販売終了になり、35年間のローレルの歴史に幕を閉じました。

なんだか、長年販売されていた車名が無くなるのって悲しいですけどね・・・

日産はそういうのが多くて、ガッカリします。

中古の価格や現在の販売!オススメも調査!

さて、現在は販売していないってことで、ローレルを購入するなら中古しかないんですよねっww

でも結構中古では流通しているかな?

っていうかカスタムされたヤン車的なのが結構あります。

流石日産カーってことでしょうか?

こちらの車で2002年の登録です

今から16年前ですけどね・・それでもワンオーナーで4.1万キロで、支払総額89万円。

ということで、安い気がしますけどねwww

他にもあるので、画像を貼りましょう。

結構車高落としてインチアップして格好いいですけどねwww

値段も100万円あれば充分って感じです。

こういうヤン車が好きであればオススメ出来ると思います。

ただ、事故車には気をつけて欲しいですね。

また車検代とかは結構かかるかな?

購入代金は安いけど、維持費はかかると思うので、そこは注意しましょう。

っていうかローレルを復活させて欲しいですねwww

シルビアは復活しないか!?↓

日産・シルビアは復活するか?歴代の評価と新型は?中古の価格も調査!

期待しています!

こちらも名車だと思いますけど・・・↓

日産・シーマとフーガの違いは?シーマの歴史やカスタム、中古価格も調査!

-日産自動車, 評価
-, , ,

Copyright© 自動車ジャーナル!自動車業界最新ニュースをお届け , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.